スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
ピピ、ありがとう
2009 / 10 / 05 ( Mon ) 01:14:40
10月4日、午前10時

ピピはトムとルルのところへ旅立ちました。。。

その前日、ピピが第二の母と慕う私の姉に

最後になるかもしれないからピピに会ってやってほしいと頼み

我が家に来てもらっていた

ピピはとっても調子がいいようで、姉が我が家にいる間、一度も発作をおこすことなく

夜私が姉を家に送っていくまで少し元気な様子だった

今思えば大好きだった私の姉に弱った自分を見せたくなかったのかもしれない

姉からごはんを食べさせてもらい、いつもよりたくさん食べて満足げな様子だった

でも姉が帰って1時間としないうちに再び発作にみまわれる。。。

長い発作ではなく、1~2分程度の軽めの発作が幾度も幾度もピピを襲う

病院で処方してもらった発作を抑える座薬もあまり効果はなかった

外が明るくなる頃には発作がおきても部屋中を暴れまわる体力も残っていない様子

大きな声は出さないが、小さく鈍い声で鳴くピピ

心臓はしっかり不整脈もなく鼓動しつづけている

wan達もピピが気がかりな様子

発作中、ラッシュが苦しむピピに届けるメッセージなのか甲高い声で鳴く。。。

するとピピの発作がピタリと止まることもあった

wanや私達の呼ぶ声に何度も何度も答えてそのたびに意識を取り戻すピピ

最後の発作後、ピピが生まれて11年間私達の聞いたことがない不思議で小さな声を2回発する

そして少し穏やかに呼吸をしていたので落ち着いた様子だった

Tくんがピピの体をさすろうと心臓をさわると「心臓が動いていない」という

うそだ!と思って確認すると、あれほど激しくしっかり動いていた心臓の音が伝わらない



ピピ永眠。。。



ピピの最後は眠るように静かなものだった

発作中に亡くなるなんてかわいそう!できれば穏やかに逝かせてやりたい

そう願っていた私達の願いが届いたのかもしれない

今日は日曜日

いつもは仕事でいないTくんもいる

昨日は大好きな私の姉といっしょに過ごせた

ピピはみんなに看取ってもらえるこのタイミングを知っていたのかしら。。。

元気だったピピがこの病気と診断されて約1ヶ月

嫌いな病院に毎日通って点滴を続け

最後に体重をはかったら1.7㎏にまでおちていた

発作がでてから4日間、先生には今日明日かもしれない

長くても2週間だろうと言われていたピピ

前日にはしっかりごはんも食べ、気丈にふるまっていた

覚悟していたこととはいえ、眠りについたときはさすがに涙が止まらなかった

Tくんとともに闘い終わったピピの体を整える

ところどころからまったところもあったピピのロングヘアーをきれいにブラッシング

綿菓子のようにふわふわでかわいいピピに戻った

汚れたところをきれいにふきとり、新しい真っ白のタオルでくるんだ

ピピの体が入るかごを買って、花を飾って。。。

もう苦しまないピピのきれいで美しい姿を見てまたまた涙が止まらなかった

本当はもう少しこの姿でこの家にいてほしかったが

悲しみは深くなるばかりだし、明日になればTくんも仕事に行かなければならない

私1人で火葬場へ行くより、Tくんと一緒に送り出してやりたかった

ペット霊園を探して今日2時半から火葬してもらえるところを選んだ



ペット霊園へ行くまでの時間に姉にピピの訃報を連絡

今日霊園へ連れて行くことを話すと急遽こちらへピピの最後の姿を見に来てくれることに

いつもピピを預かってほしいと頼むといやな顔ひとつせず預かってくれた姉

姉にとってもピピは子供同然なのだ

その姉に見送られて家を出発



ペット霊園に着いて最後のお別れ

トムとルルとピピみんなで食べてほしいと大好物のササミをたくさんゆでて棺に入れた

さっきまで壮絶な闘いを続けていたピピが私達の腕から離れていく。。。

もうこの姿は見れない、いなくなってしまうんだ。。。

そう思うと泣かないと決めていたのに涙は止まってくれなかった

ピピが火葬場へ行ってから1時間ほどの待ち時間

ペット霊園で生活しているwanちゃんに癒された

“まよ”という17~18歳になる高齢のwanちゃん

かなりの高齢だから普通の子なら動きも遅いはずなのに

軽い足取りで霊園を訪れるお客に近づき、ぴたりとよりそっていた

私達のところにも来てくれて、ご挨拶してくれた

なんだかこの子が「悲しまないで!元気出してね!」と言ってくれている気がした

無言だがなんとも癒された1時間だった。。。

そうこうしてるうちにピピが火葬場から戻ってきた

小さい小さい骨壷

お骨になったピピをしっかり抱いて家に帰宅



ピピとの闘病生活を送るために少しだけ改良した自分達の寝室

まだ少しピピのごはんやトイレ、生活臭が残るその部屋にピピの遺骨を置く

朝まで闘っていたのだからあたりまえだけど、それが少し寂しい気がした

今日はこのままにしておこう

ここ3~4日、あまり眠れなかったので少ししっかり眠りたかった

布団に入ると最後に一緒に添い寝したピピのことを思い出し、また少し泣いてしまった

眠りたかったけど眠れないんじゃないかと思っていたけど

やっぱり睡眠不足だったのだろうか、眠りにおちた

どれくらい眠ったのかわからなかったけど、Tくんがwanどものごはんの量がわからず

わたしを起こしにきて量をたずねる

時計を見ると夜8時

いつもならとっくにごはんを食べ終わってる時間なのにwanどもはまだごはんを待っていた

目が覚めて周りを見てもピピはいない

あぁ、やっぱりこれが現実なんだと思った

でも目の前にはTくんとごはんを待つwanたち

これにも少し救われた

ピピがいなくなってもこの子達との生活は続いている

泣いてる場合じゃないんだ、気持ち切り替えようと思えた

もう振り返らない



しばらくはピピのことを思い出すものがこの家にあふれているのでさみしいかもしれない

でも新たに2人と5匹の生活はstartした

泣くのはやめて、これからは笑ってnyanどものことを話そう

あの子達は旅立っていってしまったけどいつまでも私達の心に生きている

とても長い長いblogになってしまった

とても長い長い1日だったから。。。

自分だけで抱えるのは辛いけど、こうしてblogに書くことで少し気持ちが安らいだ



ありがとう、愛してるよ、ピピ



悲しくて辛いのは今日でおしまい♪

明日からまた日常がはじまる

画像 055_edited

前の家での1枚♪わたしが仕事から帰ると必ずこの場所で迎えてくれました

スポンサーサイト

ピピ TB:0 CM:2 admin page top↑
<<しあわせもの * HOME * 危機!>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

ピピちゃん、そしてご家族のみなさん、闘病生活お疲れ様でした。
まわりの愛情にいっぱい包まれて天国にいけたピピちゃん、きっと幸せだったでしょうね。

元気だしてくださいね。
by: あやっち * 2009/10/05 12:58 * URL [ *編集] * page top↑
  あやっちさ~ん♪こんにちwanこっ!

お心遣い本当にありがとうございますe-466

ピピのおかげで家族の絆がまたまた深まったことを感謝しています♪
普段はあまり一緒に遊ぶことのなかったラッシュ達なのに、ピピを心配しているのか普段とは違う一面を垣間見る場面が何度かあって、ラッシュ達にもとても感謝しています。。。
これからも残された家族全員一丸となって、楽しい時も苦しい時も一緒にいれたらとても幸せですe-53

これからも元気で楽しい我が家でありたいと思っていますっe-271
by: takosaka * 2009/10/05 15:34 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://msbc4.blog24.fc2.com/tb.php/41-ca6bef2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。