スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
危機!
2009 / 10 / 01 ( Thu ) 14:54:44
090930_1747~01


昨日夕方いつものように点滴前のピピ恒例体重測定

1.9㎏とかんばしくはないが、急な体重増加やむくみ、吐き気もない様子

前日にて主治医の先生に

「点滴は心臓に負担がかかるので注意するように」と言われていたので

ピピの様子に気をつけながらも、点滴注入

点滴後、いつもなら早速って感じで水や食事をとるのに

今日はあまり動きがない。。。

なぜか気にかかって買物に行く足も止まる

様子を見てるうちに急に吐き気を模様した様子。。。

近寄ってピピの体をさすってやろうとすると

全身を痙攣させて苦しみだした。。。


苦しむピピ


何もしてやれない自分


情けなくて情けなくて涙が止まらない。。。

暴れる体をさすってどうか神様この苦しみから救ってやってと祈るうちに

5~10分後、体の痙攣が止まり再び落ち着きだした

口からはよだれが止まらず

失禁してしまい、体も疲れきった様子

wan達もこの様子を見ていつもとは違うと感じ取ったのか

散歩やごはんをせがまず、こちらの様子を伺っている

毎日の介護で少しづつだが食事もとれるようになり

落ち着いている様子だったピピの急変にただ動揺するばかり

最初に受診した時、点滴で命を延ばすことしかできないとわかっていたはずなのに。。。

点滴をしなければ1週間、点滴をしてもどこまで体がもつか。。。と言われているピピ

なのにどこかでこのまま元気になるのではと点滴を続けてきて

こんな形でその期待がはずれるとは予想すらしていなかった

すぐにに行っても何もできないことは聞いている

それならば無理にに乗せて嫌いなに連れて行くより

こので看取ってあげたい。。。

Tくんの言葉で覚悟は決まった

それから夜中までの数時間、ピピは何度も襲ってくる発作に何度も何度も耐えた

こんなに小さくなってしまった体で、先生にも2㎏をきった体重では体を維持できない

と言われているのに。。。

もう深夜3時になるだろうというころには発作はおさまり、落ち着いた様子

乗り切った。。。

ピピはこの苦しさと戦って乗り切ってくれた

でもこの苦しさから救われたかわりに視力を完全に失った様子

少し前から視力の低下は見られていた

でも今回の発作の後、ふらふら歩いてはどこかにぶつかり、

目の前で指を近づけてもいやがらず、まばたきもしない。。。

今日はが休診日で主治医の先生もいないが

事情を話したら来てくださいとのことだったので午前中にピピを連れて

どうやら先生のお話では毒素が頭にまわり、

発作がおきたり視力を失ったりしているとのこと。。。

心臓や肺が原因ではなさそうなので点滴は続けることが可能だそうだ

点滴が原因ではないと聞き、点滴がこれからも続けられることでホッとした

むくみや体重増加が見られるようになると点滴は中止

ピピは命をおとすことになる。。。

点滴が続けれることは喜ぶべきなのだ

ピピが苦しむ姿から目をそらすのはわがままなのだと思う

この子がどのように生きて、どのように死んだのか

すべてを見届けなければいけない責任がわたしにはある

少し前まで点滴を続けることでこの子の苦しみを長引かせてしまっているのでは。。。

と悩んでいる時があった

でも今回のことでわかったことがある。。。

わたしやTくんの呼ぶ声で必死で苦しみもがいている中でも

反応して息を吹き返すピピを見ていると

なんでそんなことで悩んでいたのだろうと思った

この子は私達を必要としてくれている

まだそばにいたいよと思っていてくれている

そんな姿を見ていて少しでもそんなことを考えた自分が恥ずかしくなった

命の長い短いは誰かが決めるものじゃない

ピピはそれを身をもって教えてくれている

与えられた命をどんなふうに生き、どんなふうに終えるのか

それは誰にも決められない。たとえピピでも。。。

目が見えなくても、自分で排泄できなくてもピピはまだがんばっている



もう泣かないと決めた

悩むのもやめた

ピピの脳になり、目になり、ピピの手足になる

ピピの失ったものを自分達で補っていく

ピピの命の炎が燃え尽きるその時まで必ず。。。

我が家らしく、明るく元気に介護生活続けようねピピ


そしてwan達もさみしい思いをしないように、Tくんと交代で時間をとっていこうと思う

そう我が家は大所帯なのだから。。。

1日も無駄にはできない過ぎた時間は戻ってこないもんね

いろいろ教えてくれるピピ、ありがとう


スポンサーサイト

ピピ TB:0 CM:0 admin page top↑
<<ピピ、ありがとう * HOME * JFA公式シリーズ選手権 IN 奈良郡山>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://msbc4.blog24.fc2.com/tb.php/40-acb17ea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。